スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

視点談

普通とは違った視点で物事を見よう。
これが座右の銘というか日頃から考えている事だ。
けど、果たして違った視点っていうのはどういうものなのか。

結論から言うと、
「常識的な視点を踏まえないと、違った視点は生まれない」
ってこと。
あまりにも違った視点とか異なる価値感ってのは周りに理解されないし、
あくまでその視点に至った過程というのも時には大切なのだと思う。
だから突拍子も無い発想や発言っていうのはNGだろうし、
それを「個性」と呼んだところで、誰もついてこれないのではないか。

前、なんかの雑誌でとある歌舞伎役者が言ってた言葉がある。
「基本を知っているのが型破り、基本を知らないとそれは形無しである。」
これには、目からウロコって感じだったね。まさにそう。
また、バカの壁とかを読んでたら、その中のくだりに
基本的な秩序を疎かにして個性だ個性だともてはやす社会はおかしい、
と警鐘が鳴らされている。
中学高校と規則に縛られ自由がどうとか個性がどうとか議論があるけれど、
全てはルールがあってのこと。社会のルール、規則を前提として、
その上で光るものが個性というものなのだろう、と。
あまりにも過度な規則は考え物だが、今になって思うと
学生時代の集団行動、規則遵守の教えというのは、
現代にとって大切な教育なのかもしれない。

最後に、書き残しておきたいこと。
違った視点で見ることはたいして難しくないと思うのだが、
常識的な視点っていうのが一番難しいんじゃないか?
でもこれを的確に捉えられる事ができれば、
きっと視界も相乗効果的に拡がるのだろうとも思う。


スポンサーサイト

  1. 2006/04/29(土) 00:33:50|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
03月 « 2006年04月 » 05月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

1000fields


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。