スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スマイルの測定

今日は暑かったっすねえ~。
最近体調悪。鼻つまり。頭痛。チョイ悪。
にしてもチョイ悪ってのは基準が人によって様々だよね。
皆が許容できるチョイ悪ってどこまでよ?

さて先日の話で恐縮ですが、
とある施設の中に笑顔を自動認知して測定する機械があったよ。
前を通ると自動的にロックオンされたので、挑戦してみた。

スマイリー0%から・・・
090725_smile11.jpg

               ↓

一気にスマイリー度91%をゲインしてやった。
090725_smile22.jpg

では、まとめ
1.自分の笑顔に自信がついた。
2.一人でやって恥ずかしかったが、それも自信がついた。
3.91%を一定時間(2~3秒)保持し続けるのは極めて難しい。頬が“つる”かと思った。
4.とにかく、周りに誰も居なかったからできた挑戦ですよね。
5.遠くから入口の受付の人が見てた気もするが気にしない。
6.そしたら、そのすぐ先から説明員が3箇所くらいに点在してたことが後から分かり、絶対見られてたよ。
7.恥ずかしくても自分の笑顔は91%だと思えば怖い事なんて無いさ。
8.あとカラダを数値化した事例があるとすれば、瞳が100万ボルトか、億千万の胸騒ぎくらいか。
9.そう考えると91%なんてたいした事ないな。既存のと桁が違いすぎる。

今回、自分がやってきたことはたいした事ないという結論に達しました。

はあ。
ガス抜きが必要なとき、必要なガスまで抜いてしまわないように。
気をつけましょう。


スポンサーサイト

  1. 2009/07/24(金) 23:32:45|
  2. 考えてみた|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

仕事してると思うよ

こんばんは。
GW中は下の子の高熱が続き、
現在は上の子の高熱続いている今日この頃な我が家です。

今日はたまには会社での話を。
だって、ほら、ちゃんと仕事してるっていうのをアピールしておかないとね。
現に上の子は、
私が毎日会社の前の道を掃除しにいってるって勘違いしてるから。
上の子曰く
「パパは、朝電車乗って会社行って掃除してお弁当食べて朝には帰ってきてる。」
どんな人生だ、それは。

会社の接客ルームは事前予約制になってます。
だいたい開始から1時間くらいとれるのですが、、、

会社の接客ルームで、接客中に
受付の子がそっと入ってきて・・・
「申し訳ありませんが予約の時間が終わり
次のお客様がお待ちですので、退室準備をお願いいたします」
ってメモを受け取りました。

???
さっき入って5分も経ってないと思うが???
予約時間は1時間じゃないの???
と、とにかく出なきゃいかんのか、、、ってなんて言えばいいん?!
仕方ない、別の部屋に移動するしかない。。。

私   「す・・・すみません、今来ていただいたばかりなのですが、
     ここの部屋、もう出なきゃいけないので・・・」
     (切り出してみたもののめちゃくちゃだ!)
お客様「は、、、はあ。」
私  「ええと、お話、まだ続きますよね。場所を変えさせてください。
    すみませんがしばらく・・・」

と、しどろもどろのうちにまた受付の子が飛んできて・・・
受付  「も、申し訳ありません。メモを渡す部屋を間違えました。」
あ、そういうこと。。。た、頼むよ。

私   「あ、すみません。間違いでした。今の話、無かった事に。」
お客様「は、、、はあ。」
     (うん、相手にとっては何がなんだかわからんだろうな・・・)

ま、今回は売り込みの業者さんだったからまだマシだったものの、
違う機会だったらまずかったなあ・・・。でも避けようがないといえば無いし。。。

リーマンたるもの、こういう場面も想定して
上手く回避する方法や技術も身につけておくべきですね!
ま、必ずしも一般的な事例ではありませんけどね!

回避する方法や技術の例
 1)言われたらその場で受付と延長交渉
 2)メモを受け取ったら隣の接客ルームに投げ込む
 3)メモを受け取ったらお客様にそっと渡す
 4)すべての話を5分で済ます
 5)次、接客ルームを使う人たちと同席して仲良く過ごす
 6)断られたら、隣の接客ルームに場所を移してそこに既に居た人たちと仲良く過ごす
 7)そもそも接客しない

4)か7)かな。
3)は何も解決しないな。



  1. 2009/05/11(月) 22:41:04|
  2. 考えてみた|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

電車での出来事

ほぼ満員の通勤電車です。
つり革に掴まり本を読んでいたところ、
網棚に置いてあった隣の人のカバンが
私の頭上に落下してきたではないですか!
頭に当たると向きを変えて前に座っていた人の膝上に転がりました。
隣の人はスミマセン、スミマセンと座っている人に謝って
落ちたカバンを回収していました。

・・・私に謝意が無い。

きっと私にあたっていた事に気付いていなかった模様なのだが、
こういう時はどうすりゃええんやろう、という話ですよ。
周りの人はきっと「あ、あの人の頭にあたったのに」とか、「なんか間抜けな人だなあ」と、
私のコトを心の中で嘲笑してるんだろうと思うと、
どうしてなかなか焦燥感が出てくるもんです。
そこで今回とるべき対応パターンを瞬時に3択で考えました。
 1)無視する。
 2)当たった頭を大げさに撫ぜて被害具合を猛烈アピール。
 3)自分のカバンも網棚から落とす。
大人なら1)、謝らせたいなら2)、通勤が退屈なら3)。
どれも可もなく不可もなく。
結局3)をやることで描かれるカバンの放物線をイメージしながら1)に決め込むあたりは、
もう子供ではいられないんだな、と自分に言い聞かせている自分がいるようで。

車窓の向こうに見える大都会に、電車は無言のまま向かってますよ。

070627misuzu.jpg
【そんな満員電車でも「みすず学苑」は健在。】


  1. 2007/06/28(木) 00:00:05|
  2. 考えてみた|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

先入観や見た目

あけました。
070112syogatu.jpg

今年もよろしくお願いいたします。
と言っても気付いたらもう成人式も過ぎてしまったのね。
さすが1月、光陰矢のごとし。
本日の話は「書初め」という気持ちで頑張ります。
一年の初めの書き込みが大切だ。

今日は、家に娘の友人たちが遊びに来るとのこと。
娘の友人というか妻の友人だな、3人とか言ってた。
故に「3家族×2人=6人」。そりゃあ、大入りだ。
家中の床という床を総動員しないと狭い我が家には
到底入りきらないのではないか。
まあどうせ私は仕事に行ってその場には居れるはずもないし、逆に「居ろ」といわれても困るので、
どんな感じかあとで話しを聞くだけです。
それでもさりげなく存在をアピールするため、
愛用している「インド人もびっくりブーテンカレー」と書かれた紺色のジャージを
居間の椅子に故意的に掛けておいたのだが、夜、家に帰ると物置部屋に収納されてました。
どうやら即座に回収された模様。
やっぱり人っていうのは、身に着けてるモノだったり部屋の様子で
だいたいの人物を想像して先入観として保有しちゃうんやろうね。
特に会わなかった場合の先入観ってのは凄まじいものがあるからねえ。
きっと妻は「そういう人物」が家族に居るということを隠したかったのではないか・・・。
そう思えてならない深夜12時30分です。

それはそうと「先入観」について。
自分の場合、「見た目」や何かしらで誤解されることがなぜか多い。
実際に経験した例を下記にあげる。

・高校時代、友人の家に電話をかけたら、電話にでた友人の母親が父親の会社の人と勘違いして父親に取り次いでしまった。「おや、○○さん。なんだか声がいつもより若々しいですなあ。」
・新入社員のとき、得意先への挨拶周りで童顔の上司と一緒に挨拶にいったら「どちらが新入社員か分からない」と言われた。
・昔住んでいた街で、お隣に住んでいた同年代の奥さん曰く、「バヤリースのTシャツを着ているのをみて「この人は案外若い」と思った。」
・いつも電話対応している工場の担当者と初めて顔を合わせたときのこと。「いつも電話で声を聞いていると、相当の年配の人だと思ってたんですが・・・。」
・職場の先輩と話しをしていたとき、「ウルトラファイト」の話題に普通に喰いついていったら「お前は何歳だ?」と嫌疑を掛けられた。
・中学生のとき、子供料金で電車に乗ろうとしたら止められた。
・一人でファミレスに入ったら「4名様ですか?」と聞かれた。
・自分だけ「さん」付けで呼ばれる。
  etc...

だんだんよく分からなくなってきたけど、
とにかく年齢不相応に見られるということらしい。
先入観がどうこうという話ではないな、コレは。
今年は「ボク」という人そのものを見てもらって
少なくとも理不尽な扱いがないように切に祈る次第です。

>一年の初めの書き込みが大切だ。
 ・・・大切だったんだけどな。


  1. 2007/01/12(金) 00:45:56|
  2. 考えてみた|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

夜1時帰宅の心得

夜1時に帰った場合に気をつけたほうがよい事

1)廊下は静かに歩いて帰宅だ。
足音は案外良く響くからね。

2)味噌汁を電子レンジで温めるときは、
テーブル皿の高さに充分注意しよう。
つまづいて電子レンジ内部で味噌汁をこぼしてしまうぜ。

3)無駄な電源を落とすときには、
そのコンセントが何かを確認しよう。
朝に炊かれる予定の炊飯器は要チェックだ。
これを落とすと朝に別のものが落ちるぞ。

4)とりあえず食器は洗っておこう。
疲れていても明日が楽になる、と思えばこそ。

5)テレビは深入りする前に切ろう。
陥ってしまえばもう戻れないので勇気を持って電源OFF。
気付くと3時すぎてしまうぞ。

6)掃除をはじめてしまったら気の済むまでするしかない。
深夜はテンションが高くなりがちだからね。
それでも早く切り上げるためには部屋を区切ってしまうこと。
短時間で達成感を得よう。

7)椅子で踏み台昇降はやめよう。
怪我するぞ。

8)寝室に入るときは携帯電話を懐中電灯代わりに。
こどもがどこに転がってるか分からないぞ。
うっかり顔を踏まないように気をつけるんだ、世のサラリーマンダディたちよ。

じゃ、おやすみ。


  1. 2006/10/03(火) 01:34:05|
  2. 考えてみた|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

1000fields


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。